スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

沿道への呼びかけ案

(※)部分を訂正しました。(かっこ内は訂正前の内容)1/19

【呼びかけ】

新宿でお仕事中(お買い物中)の皆様、こんにちは。
私たちは第3期花王デモ 第○梯団です。
私たちは、フジテレビの放送に疑問を持ち、その最大のスポンサーである花王の不買運動を通して、
フジテレビの偏った放送に抗議するために集まりました。
どうか少しの間で結構です。私たちの話を聞いて下さい。
<コール>
フジテレビは、日本人を蔑み、侮辱する放送をやめて下さい
フジテレビは、韓国ブームの※捏造をやめて下さい
 (※捏造やステルスマーケティングを)
フジテレビは、竹島不法占拠のキャンペーン女優をドラマの主演にしたことを謝って下さい          
花王は、スポンサーとして、フジテレビの放送内容に責任を持って下さい
花王は、フジテレビとのスポンサー契約を見直して下さい
私たちは、花王が消費者に回答を示してくれるまで、花王の製品を不買します
日本の消費者を大切にしない花王の製品を不買します



新宿でお仕事中(お買い物中)の皆様、お騒がせしております。
私達はスポンサー不買を通してフジテレビの偏向報道に抗議する、第3期花王デモの第〇梯団です。
テレビに抗議する私たちの主張を聞いて、皆さんはこう思われるかもしれません。
「テレビなんてもともと、嘘つきで下らないものだ」
「そんな些細なこと、いちいち気にするほうがおかしい」
「嫌なら見なければいい」
フジテレビの答えも、同じなのかもしれません。
昨年8月のフジテレビ抗議デモを皮切りに、マスコミ偏向報道への抗議デモは全国で数多く行なわれています。
しかし、報道が改善される気配は一向にありません。
日本人選手を蔑むようなスポーツ報道。私達に知らされない世界中からの暖かい支援といたわりの声。
捏造され押し付けられる韓国ブーム。
その所為で視聴者の支持を失ったところで、テレビ局は痛くもかゆくもないのです。
スポンサーからの広告費さえあれば、番組を作ることはできるからです。
花王は、フジテレビに毎月平均1000本以上ものコマーシャルを提供する、貢献度ナンバーワンのスポンサーです。
 (※毎月1500本以上ものコマーシャルを提供する、最大手のスポンサーです。)
私達は消費者の立場からフジテレビの健全化を促すことを目指し、花王不買運動を行なっています。


3月の東日本大震災では、報道を通して、数多くのつらく悲しい場面が、被災地の生々しい現実が、私達のもとへ届けられました。
被災地の皆様、関係する方々の苦しみを思う一方、報道の姿勢には多くの疑問も残りました。
家族を亡くしたばかりの被災者に「今どんな気持ちですか?」「亡くなった方はどんな方でしたか?」とマイクを向けるのは、
果たして必要に迫られた取材だったのでしょうか。
フジテレビは本当に、被災地を思い遣る気持ちで番組を作っているのでしょうか。
夏休みの宮城県では、遠くから集まった40人余りの震災ボランティアの皆さんが、
地元のお祭りの手伝いという名目で、フジテレビの長時間特番の会場設営に動員されました。
「これって被災地ボランティアじゃなくて、フジテレビへのボランティアじゃないの?」
彼らはもちろん無償で働かされ、自分たちで交通費を負担して帰って行きました。
このことについて、フジテレビからの説明や謝罪はありません。


みなさまこんにちは。
私たちは第3期花王デモ、第○梯団です。
昨年三月の大震災により、東京開催を断念したフィギュアの世界大会、
代わりに名乗りを上げてくれたのはロシアでした
そしてロシアで開かれたこの大会では、日本への特別なセレモニーが行われました。
真っ白なリンクに日の丸を模したライティング、手を繋いで祈るトップスケーターたち。
それは厳かで美しく、愛情のこもったセレモニーでした。
なのにフジテレビはこのシーンを全部カットしました。
フジテレビはこれまでに何度も、日本の選手が優勝する度に表彰式をカットし、
日本の選手たちを低く扱ってきました。
そしていつも、提供は花王、です。


お買い物中の皆様、こんにちは。
私達は第3期花王デモ第〇梯団です。
皆さんは普段のお買い物で、自分の買ったものがどこの会社の製品か、
その売り上げがどのように使われるか、意識したことはありますか?
楽しくおしゃれをするためにファンデーションや口紅を買うことが 
毎日を快適に過ごすために洗剤や歯磨き粉を買うことが 
人の心を傷つける番組をつくる資金につながっているかもしれません。
私達がフジテレビを不愉快に思い、見ることをやめたとしても、
私達がスポンサー企業の製品を買えば、その利益が誰かの心を傷つける番組を作る資金として、
知らない内に流れて行くのです。
私達はこの流れを断ち切るために、花王株式会社に関連する商品の不買運動をおこなっています。
 <コール>
 私達は 日本人を傷つけ蔑むフジテレビに抗議し 最大手スポンサー花王の製品を不買します
 私達は 花王 カネボウ ニベアの製品を 買いません
 私達は 花王 エストの化粧品を 買いません
 花王がスポンサー契約を見直し 消費者に回答を示してくれるまで 不買します


ご通行中の皆様、お騒がせしております。
私たちは、マスコミの偏向報道に疑問を持つ、普通の主婦を中心とした集まりです。
私たちがいつもスーパーやドラッグストアで目にする花王は、フジテレビの最大手のスポンサーです。
洗剤、歯みがき粉、赤ちゃんのオムツ、ボディケアや化粧品、あらゆるものの売り上げが、
フジテレビへ番組制作資金として流れて行きます。
私たちが物を買ったお金が、日本人を傷つけ、蔑み、本当のことを隠す番組づくりに使われることに、
私たちはもう耐えられません。
私たちは花王不買運動を通し、マスコミ偏向報道に抗議しています。
 <コール> 
 私達は 日本人を傷つけ蔑むフジテレビに抗議し 花王の製品を不買します
 私達は 花王 カネボウ ニベアの製品を 買いません
 私達は 花王 エストの化粧品を 買いません
 花王がスポンサー契約を見直し 消費者に回答を示してくれるまで 不買します


昨年6月、サッカー日本代表なでしこジャパンが女子ワールドカップで優勝し、
日本の女子サッカーが世界一になりました。
このことは震災で傷ついた私たち日本人を大いに励ましてくれました。
日の丸の旗を背負い、金色の紙吹雪の中を歩く澤選手の美しい後ろ姿を、
皆さんも写真等でご覧になったと思います。
しかしこの場面は肝心の生中継では放送されませんでした。
日本の優勝が決まったにも関わらず、表彰式が始まる前に中継を切った放送局は、フジテレビです。
なぜフジテレビは日本の栄誉を称える表彰式の放送を避けたのでしょう?
日本のテレビ局ならば、日本人の栄誉を共に喜び、国民に伝えるべきです。



いまテレビで大流行の音楽といえば、k-popですね。
連日沢山の韓国人アーティストがフジテレビに登場し、名前も曲も覚えられないほどです。
よほど視聴者からの支持があるのでしょう、先日はついに歌番組の歌詞字幕にハングル文字が登場しました。
もうフジテレビは日本人の視聴者はあまり意識していないのかもしれません。
この韓国ブームの捏造は、実は単純に『やらせ』というだけの問題ではないのです。
フジテレビは自社の連結子会社に大量の韓国人アーティストの楽曲権利を持たせ、
自らの歌番組やバラエティーに出演させています。
レストラン評価サイトのやらせどころの話ではありません。これは公共の電波を利用した、
組織ぐるみの大々的なステルスマーケティングです。
放送事業の公共性を無視した不正な行為を、連日堂々と行っているテレビ局。それが今のフジテレビです。



皆さんは昨年末、あるお笑い番組で、ブータン国王ご夫妻のものまね芸が放送されたことを知っていますか?
あるひとりの芸人とアイドル歌手が、国王ご夫妻に扮し、とても下品な仕草で笑いをとっていました。
ブータン国王ご夫妻は、先日の新婚旅行で来日の際、福島の被災地を訪問され、
子供たちと直接語らって励まして下さいました。
またブータンは親日国としても有名で、重要な国際会議では必ず日本を支持してくれる友好国です。
それをあのように侮辱して面白がるような放送をするとは、
フジテレビには人の恩を感じる心はないのでしょうか。
日本人がブータンをバカにしていると思われても構わないのでしょうか。
この件について、フジテレビからの公式の説明や謝罪はありません。
 <コール>
 フジテレビは、日本の友好国ブータンを侮辱したことを謝って下さい
 花王は、スポンサーとして、フジテレビの放送内容に、責任を持って下さい



近頃視聴率が低迷しているフジテレビですが、これまで度々、
ドラマの中におかしな小道具を紛れ込ませています。
昨年8月7日、広島原爆の日の翌日に放送されたドラマでは、
主人公が「リトルボーイ」と大きくプリントされたTシャツを着ていました。
リトルボーイといえば、ご存知の通り、広島に投下された原爆の通称です。
現場のフタッフは誰一人このことを知らなかったそうです。
また別のドラマでは、ゴミ箱に捨てられた雑誌の表紙に、韓国語のスラングで「JAPは最低」と、
日本人を侮辱する内容に読み取れる文字が載っていました。
これも、小道具を作った際、偶然にそのような文字列になってしまったということです。
さらに、先日終了した恋愛ドラマでは、小道具どころか、主演に、
竹島を韓国の領土と主張するキャンペーンをしていた女優さんが使われました。
韓国では、「独島守護天使」、つまり「竹島を日本の手から守る守護天使」として有名な方です。
このこともフジテレビスタッフは誰も知らなかったのでしょうか。
そして、このドラマを1社提供で支援していた花王さんは、一体何を考えているのでしょうか。
 <コール>
 フジテレビは、日本人を蔑み、侮辱する放送をやめて下さい
 フジテレビは、竹島不法占拠のキャンペーン女優をドラマの主演にしたことを謝って下さい
 花王は、韓国の竹島不法占拠に加担したことについて 説明して下さい


かつて私達が楽しく見ていたフジテレビは、すっかり変わってしまいました。
私達の心をなごませ、はげます存在であったはずのテレビは、もはや姿を潜めてしまい、
今流れているのは、どこの国のテレビ局か分からないような番組ばかりです。
しかし、フジテレビが日本のテレビ局であり、花王が日本の企業であるならば、
私達日本人の手に取り戻さなければなりません。
フジテレビは一刻も早く目を覚まし、日本のマスコミとしての役割を果たして下さい。
花王は、誇りある日本の企業として、日本の国にためになるお金の使い方をして下さい。
フジテレビや花王の内部にも、私達と同じ思いの人がいるはずです。
一日も早く花王が今のスポンサー体制を見直し、フジテレビの偏向報道がなくなることを願って、
私達は花王不買運動を続けます。
 
スポンサーサイト
Check

2012/01/18(水) | 第3回花王デモの軌跡 | トラックバック:(0) | コメント:(-)

トラックバック:

トラックバック URL
http://kaodoff.blog.fc2.com/tb.php/132-86aa2f4c
 |  ホーム  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。